MacでRuby on Railsの開発環境構築 -Apacheで動かす-

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 IT, Mac, Ruby on Rails


 環境

  • MacBook Air MD231J/A
  • Mac OS X バージョン10.8.2

 目標

Ruby on RailsをApacheで動かす。

 前準備(各インストール)

以下のサイトを参考に、以下の5つをインストールします。
【初心者向け】Mac(OSX Lion)でRuby on Railsを動かすための5ステップ

1. Xcodeのインストール
2. Homebrewのインストール
Homebrewのインストールの注意点として、上記のサイトだとインストールが出来ないので以下の公式サイトを参考にするほうが良いです。
Redirecting…

3. rbenvとruby-buildのインストール
4. Rubyのインストール
5. Ruby on Railsのインストール

 Apacheの設定など

「システム環境設定」> 「共有」にあったWeb共有にはなくなりました。

そのためターミナルから以下のコマンドで起動させたり、止めたりします。

  • /usr/sbin/apachectl start
  • /usr/sbin/apachectl stop

設定ファイルは以下の箇所になります。

  • /etc/apache2/httpd.conf

 Passengerのインストール

Apache上でRuby on Railsアプリケーションを動かすためにはPassengerを使います。

以下のように、gemでインストールします。

sudo gem install passenger

次に以下を実行します。

sudo passenger-install-apache2-module

もし、エラーが出たら以下を参考にしてください。
ruby on rails 3 – Error when installing Phusion Passenger "Could not find passenger (>= 0) amongst [] (Gem::LoadError)" – Stack Overflow

インストールが始まると、手順が表示されます。
1. Apach2のモジュールをインストール
2. Apacheの設定ファイルを記述
3. Ruby on Railsアプリケーションをデプロイ

インストール中に、足りないものがあれば足りないものが表示されます。
それに応じて、インストールしてください。

 Apacheの設定ファイル

 Passengerの設定

インストールが終わると、以下のようなApacheの設定ファイルに追記すべき内容が表示されます。

LoadModule passenger_module /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p194/gems/passenger-3.0.18/ext/apache2/mod_passenger.so
PassengerRoot /usr/local/rvm/gems/ruby-1.9.3-p194/gems/passenger-3.0.18
PassengerRuby /usr/local/rvm/wrappers/ruby-1.9.3-p194/ruby

以下のhttpd.confに追記するか、新しい設定ファイルを用意します。

  • /etc/apache2/httpd.conf

私は以下の箇所に設定ファイルを用意し記入しました。

  • /etc/apache2/other/passenger.conf

 バーチャルホストの設定(Ruby on Railsのデプロイ)

Ruby on Railsアプリケーションをデプロイするために、以下のようなApacheの設定ファイルを用意します。

<VirtualHost *:80>
  ServerName sample.localhost
  DocumentRoot "/example/sample/public"
  RailsEnv development
  <Directory /example/sample/public>
    AllowOverride all
    Options -MultiViews
  </Directory>
</VirtualHost>

開発時はdevelopmentモードのほうが良いため「RailsEnv development」を記述しています。
これを記述しないと、productモードになってしまうためエラーメッセージなどが抑制されてしまいます。

今回は、以下の場所に設置しました。

  • /etc/apache2/other/sample.localhost.conf

 hostsの設定

  • /etc/hosts

hostsに以下を追加しておきます。

127.0.0.1     sample.localhost

 Ruby on Railsアプリケーション

上記の設定ファイルに記述した箇所にアプリケーションを設置します。

cd example
rails new sample
cd sample
rails g scaffold Test test:string
rake db:migrate

設置後、Apacheを再起動し以下にアクセスします。

  • http://sample.localhost

アクセスすると以下のような画面が表示されるはずです。
スクリーンショット 2012-12-22 15.25.08

また以下にアクセスすると、scaffold画面が表示されます。

  • http://sample.localhost/tests

スクリーンショット 2012-12-22 15.25.19

これで、がつがつMacでRuby on Railsで遊べますね。

 参考

広告

関連記事

no image

iPhoneアプリ開発 -UIScrollViewで画像を拡大・縮小-

* やりたいこと UIScrollViewでピンチアウト・インして上に乗っている画像を拡大・縮小した

記事を読む

no image

CakePHP1.3にSmartyを導入

いい加減、CakePHP(1.3)にもSmartyを導入することにしました。 * ダウンロード

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 -同じ画像を2度以上画像処理した際に起こるエラーの対処-

* 起きた現象 (1) UIImageのデータを元にピクセルの値を色々といじって画像処理。 (2)

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 -mixiSDKを使ってmixi連携をしてみる(2)-

* 前回 は、「ユーザーにAPI利用のための認可」をおこなってもらうところまでやりました。 本エン

記事を読む

no image

複数アカウントでgithubを使う

1つの端末で複数のアカウントを使いたくなったので、その方法を整理してみた。 流れとしては以下のとおり

記事を読む

Jenkins + iPhoneアプリ(1) -執事を雇う-

アプリ開発をしていると、自動化出来るところは自動化したくなってきますよね。 開発しているアプリも増え

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 -UIButtonのTouch Down、Touch up Inside、Touch up Outsideの使い方-

* Touch DownとTouch up Inside、Touch up Outsideの違い

記事を読む

iPhoneアプリ開発 芳名帳アプリ作成(5) -ペンサイズと入力エリア数の設定-

* 今までの流れ - -[http://pplace.jp/2013/06/1531/:titl

記事を読む

no image

iPhoneアプリを開発してての疑問 -教えてエライ人!-

MacでiPhoneアプリを開発してて疑問に思ったのの解決してないことを列挙。 知識不足をさらけ出し

記事を読む

スクリーンショット 2013-04-27 11.46.12

githubを使っての開発(2) -masterブランチにマージ-

前エントリーでgithub-flowをもとにした流れを書いたのですが、その中のマージについてもう少し

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

広告

no image
[感想] Effective Objective-C 2.0 ☆☆☆☆★(4.5)

* 構成 - 第1章 Objective-Cに慣れる -

no image
[感想] iOSアプリテスト自動化入門 ☆☆☆(3.0)

* 構成 - Chapter 1 テスト自動化への取り組み

DeployGateを試してみた(iOS編) -DeployGateがiOSに対応-

今までのDeployGate - -[http://pplace.

iPhone/iPadアプリを開発するためにやったこと

今までに、iPhoneを3本ほどリリース((リリースしたアプリは全て1

no image
ターミナルでgitのコマンドを補完したりブランチ名を表示する – macでgitを便利に使うために –

* やりたいこと macのターミナルでgitをいじっていると -今の

→もっと見る

PAGE TOP ↑