Windows環境でもJenkins -執事さんとご対面-

公開日: : 最終更新日:2014/04/20 CI, IT, Jenkins, 開発環境


Trac Lightningに同梱されていますし、Windows環境でHudsonを使っている人は結構いる(いた)かと思います。

そこで、新しくなったJenkins(旧Hudson)をWindows環境に入れる手順をまとめてみました。
思っていた以上にインストールが楽になっていたので、びっくりです。

 ダウンロード

公式サイトのDOWNLOADからWindowsを選択。
現時点(2011/06/22)だと、jenkins-1.4.17.zipがあるのでそれをダウンロード。
※2011/04/23で1.4.08だったので、約2ヶ月で結構バージョンアップしてますね。
※導入システムのバージョンアップに上司承認がいるようなところだと、このペースでのバージョンアップは逆にきついかもしれないですね。

ダウンロードしたファイルを展開すると、以下の2ファイルがあります。

 インストール

setup.exeをダブルクリックし、インストール。
インストールが完了すると、ブラウザが起動してJenkinsの画面が表示されます(*1)。
その時のデフォルトのアドレスは、「http://localhost:8080/」。
Chromeで表示すると以下のような感じです。

 アドレス変更

インストールした状態だと、アドレスが「http://localhost:8080/」となってしまいます。
このままでもいい人もいるかもしれませんが、やはり/jenkins/としてアクセスしたいので、アドレスを変更します。

 Apache無しの場合

アドレスを変更するためにいじるJenkinsの設定ファイルは、インストールした場所の「jenkins.xml」になります。
※デフォルトのインストール先だと、「C:Program FilesJenkinsjenkins.xml」

以下の箇所を変更します。

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar “%BASE%jenkins.war” –httpPort=8080

以下のように変更します(例)。

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar “%BASE%jenkins.war” –prefix=/jenkins –httpPort=80

上記のようにすると、http://localhost/jenkins/でアクセスできます。

 Apache有りの場合

Apacheの設定ファイル(httpd.conf)を変更し、以下のモジュールを読み込むように変更します。

LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_ajp_module modules/mod_proxy_ajp.so
LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so

次にApacheの設定ファイル(httpd.conf等)を以下のように変更します(例)。

<location /jenkins>
  Order allow,deny
  Allow from all
  ProxyPass        http://localhost:8080/jenkins
  ProxyPassReverse http://localhost:8080/jenkins
</location>

次にJenkinsの設定ファイル「jenkins.xml」を変更します(例)。

-Xrs -Xmx256m -Dhudson.lifecycle=hudson.lifecycle.WindowsServiceLifecycle -jar “%BASE%jenkins.war” –prefix=/jenkins –ajp13Port=8020 –ajp13ListenAddress=127.0.0.1 –httpListenAddress=127.0.0.1 –httpPort=8080

これで、「http://example.com/jenkins/」でアクセスすることができます。

まとめ

以上で、WindowsでもJenkinsライフを楽しめます。

もちろん今のままではダメで、各種設定が必要です。
以前、Hudsonを利用していたのであればHudsonの設定ファイルを全てJenkinsの該当箇所に上書きすればOKっぽいです。
※上記はちゃんとまだ試しきれてないですけど。

ちなみに
私は、このヒゲの方(Jenkinsさん?)のほうが以前のHudsonさんより執事っぽくてお気に入りです。

参考

*1: Jenkinsの起動に多少時間がかかるので、ブラウザ起動時の段階ではエラーが表示されることがあるかもしれません。

広告

関連記事

no image

FacebookページをFacebookアプリで表示 -iPhoneアプリ編-

* やりたいこと Facebookアプリを入れている人には、アプリでFacebookページで表示。

記事を読む

no image

jQuery Mobileではまったこと -広告が表示されない!($.mobile.changePage()でのページ遷移)-

swipeした際にページ遷移をさせるためにjQueryMobileの$.mobile.changeP

記事を読む

iPhoneアプリ開発 芳名帳アプリ作成(5) -ペンサイズと入力エリア数の設定-

* 今までの流れ - -[http://pplace.jp/2013/06/1531/:titl

記事を読む

no image

iPhoneアプリをヒットさせるために大事な5つのこと

巷にはたくさんのiPhoneアプリがたくさんあります。 そして、毎日新しいアプリがリリースされていま

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 -iOS6から変わったこと-

Deployment Targetを5.1にしていた時には気がつかなかったのですが、iOS6になって

記事を読む

構成

定期的にデータ取得のためにCakePHP1.3でシェル機能を利用

定期的にデータを取得する行為をするために、はじめてシェル機能を使ってみたのでメモ。 * ス

記事を読む

iPhoneアプリ開発 芳名帳アプリ作成(2) -記帳画面作成-

* 今までの流れ - * 画面構成 今回の芳名帳アプリは以下の画面で構成しています。 -

記事を読む

no image

「Google Apps」無償版の新規登録が終了

以前、「Google Apps」を利用した以下の記事を書きましたが、とうとう無償版の新規登録が終了

記事を読む

WordPressプラグイン「WP Hatena Notation」にPullRequestを投げた話

WordPressではてな記法が利用できる「WP Hatena Notation」を重宝しています。

記事を読む

iPad(Retinaディスプレイモデル)にiOS7を入れてみた

iPadにiOS7を入れてみたので、その報告。 iPhone5にはまだ入れておかないでおこうと思っ

記事を読む

広告

Comment

  1. […] 参考:Windows環境でもJenkins -執事さんとご対面- […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

広告

no image
[感想] Effective Objective-C 2.0 ☆☆☆☆★(4.5)

* 構成 - 第1章 Objective-Cに慣れる -

no image
[感想] iOSアプリテスト自動化入門 ☆☆☆(3.0)

* 構成 - Chapter 1 テスト自動化への取り組み

DeployGateを試してみた(iOS編) -DeployGateがiOSに対応-

今までのDeployGate - -[http://pplace.

iPhone/iPadアプリを開発するためにやったこと

今までに、iPhoneを3本ほどリリース((リリースしたアプリは全て1

no image
ターミナルでgitのコマンドを補完したりブランチ名を表示する – macでgitを便利に使うために –

* やりたいこと macのターミナルでgitをいじっていると -今の

→もっと見る

PAGE TOP ↑