iPhoneアプリ開発 -mixiSDKを使ってmixi連携をしてみる(2)-

公開日: : iPhone, IT, Mac, mixi


 前回

前回は、「ユーザーにAPI利用のための認可」をおこなってもらうところまでやりました。
本エントリーは、その続きになります。

 やりたいこと

今回は、ボイスを投稿するところがメインになります。

 サンプルコード

※すでに、認可が終わっていることが前提になっています。

 ボイス投稿

ボイス投稿は以下のような感じ。

 - (void)post:(NSString *)voice {
     if(![self.mixi isAuthorized]) { //(1)
         return;
     }
     MixiRequest *request = [ MixiRequest postRequestWithEndpoint:@"/voice/statuses"
                                                             body:@"application/x-www-form-urlencoded"
                                                    paramsAndKeys:voice,
                                                                  @"status",
                                                                  nil];
  [self.mixi sendRequest:request delegate:self]; //(2)
 }

self.mixiに[Mixi sharedMixi]の値が入っています。

(1)の説明
最初に認可状態を確認しています。
ここではreturnしていますけど、本来なら再度認可させるように遷移させるのがベターかと思います。

(2)の説明
デリゲート先を設定しておきます。
APIの呼び出しが成功したり失敗したりすると以下の各メソッドが呼び出されます。
※ちなみに、他にもありますが今回はこの3種類だけで。

 //呼び出し成功
 -(void)mixi:(Mixi*)mixi didSuccessWithJson:(NSDictionary*)data {
 }
//呼び出し失敗
 -(void)mixi:(Mixi*)mixi didFailWithConnection:(NSURLConnection*)connection error:(NSError*)error {
 }
 //実行失敗
 -(void)mixi:(Mixi*)mixi didFailWithError:(NSError*)error {
 }

 ボイスに画像添付して投稿

画像を添付して送りたい場合は以下の様な感じ。

 - (void)post:(UIImage*)image setVoice:(NSString *)voice {
  if(![self.mixi isAuthorized]) {
   return;
  }
  MixiRequest *request = [MixiRequest postRequestWithEndpoint:@"/voice/statuses"
                                                         body:image
                                                paramsAndKeys:@"image/jpeg",
                                                              @"Content-Type",
                                                              voice,
                                                              @"status",
                                                              nil];
  [self.mixi sendRequest:request delegate:self];
 }

大きな違いは、bodyにUIImageを設定しているところです。
特に何かしらの処理は必要なくて、UIImageをそのまま使えるのは非常に楽です。

広告

関連記事

no image

ソーシャルボタン(Twitterのフォローボタン、Facebookのオススメボタン)を設置する

サイトにソーシャルボタンを設置しようと思いちょこっと調べてみました。 * 設置するボタン

記事を読む

input

CakePHP2系でTwigを利用 -書き方のメモ-

CakePHP2系でTwigをどのように記述するかのメモ。 数パターンしか載せてないですが、だいた

記事を読む

1

Androidアプリ開発 -9patchで吹き出し画像を作る-

* やりたいこと TextViewで文字を表示させ、背景画像に吹き出し画像を設定した場合。 文字

記事を読む

no image

Facebookがちょっとコワイ vol.2 -本当にあなたはあなたなの?-

以下のブログを読んで、さらにコワイと思ったFacebook。 あなたが登録している「友

記事を読む

Jenkins + DeployGate(1) -DeployGateでAndroidアプリ開発-

TestFlight for Androidが発表されて1ヶ月ぐらいたちますが、音沙汰がありません。

記事を読む

ndk

Androidアプリ開発 -画像処理をC言語で高速化-

* 画像を扱う際の問題(1):計算処理の遅さ 前回、セピア画像にする方法を書きました。

記事を読む

iPad(Retinaディスプレイモデル)にiOS7を入れてみた

iPadにiOS7を入れてみたので、その報告。 iPhone5にはまだ入れておかないでおこうと思っ

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 −遷移先のViewControllerに値を引き継ぎたい−

例えば、トップページに複数個のボタンがあって、「A」と「B」というボタンを押下した際に、同じView

記事を読む

no image

Androidアプリ開発 -リストをタッチして別ページ表示-

* 前提 -「設定画面」で各種項目を設定。 --Activity:ConfigActivity --

記事を読む

no image

PhoneGapを触ってみた ―導入編―

スマートフォン対応をjQuery Mobileを使ってやったので、その資産をいかせないかということで

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

広告

no image
[感想] Effective Objective-C 2.0 ☆☆☆☆★(4.5)

* 構成 - 第1章 Objective-Cに慣れる -

no image
[感想] iOSアプリテスト自動化入門 ☆☆☆(3.0)

* 構成 - Chapter 1 テスト自動化への取り組み

DeployGateを試してみた(iOS編) -DeployGateがiOSに対応-

今までのDeployGate - -[http://pplace.

iPhone/iPadアプリを開発するためにやったこと

今までに、iPhoneを3本ほどリリース((リリースしたアプリは全て1

no image
ターミナルでgitのコマンドを補完したりブランチ名を表示する – macでgitを便利に使うために –

* やりたいこと macのターミナルでgitをいじっていると -今の

→もっと見る

PAGE TOP ↑