githubを使っての開発(1) -実践github-flow-

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 github, IT, 開発環境


今は開発でgithubを利用しています。
開発をおこなう上で、githubをどのように扱えば良いのか。
思いの外、github-flowが良かったのでメモ書き程度に色々と書いておきます。

github-flowについて

GitHub Flowとは何か?

  • masterブランチのものは何であれデプロイ可能である
  • 新しい何かに取り組む際は、説明的な名前のブランチをmasterから作成する(例: new-oauth2-scopes)
  • 作成したブランチにローカルでコミットし、サーバー上の同じ名前のブランチにも定期的に作業内容をpushする
  • フィードバックや助言が欲しい時、ブランチをマージしてもよいと思ったときは、 プルリクエスト を作成する
  • 他の誰かがレビューをして機能にOKを出してくれたら、あなたはコードをmasterへマージすることができる
  • マージをしてmasterへpushしたら、直ちにデプロイをする

GitHub Flow (Japanese translation)

 作業の流れ

これだけ書かれても、git/githubに慣れてない人からすると「?」になります。
私も最初はそうでした。。

そこで、作業の流れを書いておきます。

 新ブランチ作成

1) まず、ソースがないと始まらないのでcloneをします。

 git clone https://github.com/xxxxxx/yyyyy.git

2) 機能の名前をつけたブランチを作成

 git checkout -b branch-name origin/master

これで、作業をする箇所が出来ました。
以下のコマンでで、ちゃんとブランチが正しいのになっているか確認します。

 git branch

※自分の現在のブランチが何か分からないと危険なので、gitのブランチ名が表示されるように設定したほうが良いです。
Macなら参考

 作業開始&ローカルリポジトリにコミット

作成したブランチでソースを書きます。
そして、定期的にローカルにコミットします。

 git add 追加したファイル名
 git commit -m "○○機能の追加"
 githubにコミット

ブランチで作成しているので、masterが汚れることはありません。
そこで、定期的にリgithubにpushします。

 git push origin branch-name

 コードが完成したらPullRequest

githubにはPullRequestという機能があります。
コードが完成したなと思ったら、自身のブランチからPull Requestを投げます。

この操作は、githubから行えます。
自身のブランチからPull Requestをクリックしてメッセージを入れるだけ。
スクリーンショット 2013-04-20 16.33.26

 第三者がレビュー

Pull Requestが投げられたら、コードに対してレビューをします。
githubでは、PullRequestされたコードに対してコメントが書けます。

 レビュー内容を元に修正しソースコードをpush

レビュー内容を元に修正が必要な箇所を修正し、ソースコードを再度pushします。

 git push origin branch-name
 レビュー&修正が終わったら担当者がマージ

masterブランチに入れても問題ない状態になったら、担当者がマージします。
この詳細については別エントリーで書いておきます。

 利点

常に動くものがmasterブランチにあり、新しい機能は別ブランチで作るという単純なルールですが非常に便利です。

そもそも、このフローの何が良いのか?

  • masterブランチには常に動作するソースコードがある

    • subversionであったいつのリビジョンなら動いたっけ?みたいなことはない
  • 機能はブランチで管理しているので現状が分かりやすい

    • masterからどれぐらい離れているかもすぐに分かります
    • そのため離れ過ぎたらmasterのソースをfetch-mergeということもしやすいです
  • ブランチ単位なので定期的にコミットできる

ちなみに、subversionでもこのフローはできますがgit/githubは非常に簡単にできます。
マージされたブランチがなくなるというのは、ちゃんと1本道になったんだなと分かる点で良いですね。

 参考

広告

関連記事

Selenium2.0でUIテスト(1) -まずはPHPでやってみる-

久しぶりにSeleniumを触ってみました。 Selenium2.0から色々と変わったみたいで少々

記事を読む

Jenkins + iPhoneアプリ(1) -執事を雇う-

アプリ開発をしていると、自動化出来るところは自動化したくなってきますよね。 開発しているアプリも増え

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 −遷移先のViewControllerに値を引き継ぎたい−

例えば、トップページに複数個のボタンがあって、「A」と「B」というボタンを押下した際に、同じView

記事を読む

no image

Androidアプリ開発 -ギャラリーから選んだ画像のサムネイルを取得-

* やりたいこと +ボタンをクリックしてギャラリーを表示。 +ギャラリーで画像を選んだら、その画像の

記事を読む

no image

github-flowを使っての開発(3) -1つのプロジェクトを複数人で開発-

今まで2回ほどgithub-flowをもとにした開発の流れを書きました。 今回は、複数人で開発をする

記事を読む

iPhoneアプリ開発 芳名帳アプリ作成(1) -最初の一歩-

* 作るアプリ 結婚式や2次会で「自分の名前を書く」芳名帳 これをアプリで作ってみます。

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 −フォントの変更−

一言:最近、iPhoneアプリの開発のためMacばかり触ってて、Windowsに戻ると混乱します。

記事を読む

setup

Google Appsで独自ドメインメールの利用

独自ドメインでメアドを持ちたかったのでGoogle Appsを利用してみました。 その各種設定の覚

記事を読む

no image

str_padとsprintfの速度

PHPで同じことが出来る「str_pad」と「sprintf」。 今まではsprintfを使う機会

記事を読む

1

Androidアプリ開発 -9patchで吹き出し画像を作る-

* やりたいこと TextViewで文字を表示させ、背景画像に吹き出し画像を設定した場合。 文字

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

広告

no image
[感想] Effective Objective-C 2.0 ☆☆☆☆★(4.5)

* 構成 - 第1章 Objective-Cに慣れる -

no image
[感想] iOSアプリテスト自動化入門 ☆☆☆(3.0)

* 構成 - Chapter 1 テスト自動化への取り組み

DeployGateを試してみた(iOS編) -DeployGateがiOSに対応-

今までのDeployGate - -[http://pplace.

iPhone/iPadアプリを開発するためにやったこと

今までに、iPhoneを3本ほどリリース((リリースしたアプリは全て1

no image
ターミナルでgitのコマンドを補完したりブランチ名を表示する – macでgitを便利に使うために –

* やりたいこと macのターミナルでgitをいじっていると -今の

→もっと見る

PAGE TOP ↑