iPhoneアプリ開発 芳名帳アプリ作成(2) -記帳画面作成-

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 iPhone, IT


 今までの流れ

 画面構成

今回の芳名帳アプリは以下の画面で構成しています。

  • メイン画面(MainViewController)
  • 設定画面(SettingViewController)
  • 記帳画面(GuestBookViewController)

 メイン画面

 ボタンにアクション追加

以下のようにInterfaceBuilderを使って、「変数」と「アクション」を関連付けます。
スクリーンショット 2013-06-08 11.58.09

関連付けを終えると「MainViewController.h」は以下のような感じになっています。

 @property (weak, nonatomic) IBOutlet UIButton *startBtn;
 @property (weak, nonatomic) IBOutlet UIButton *settingBtn;
 - (IBAction)startBtnPressed:(UIButton *)sender;
 - (IBAction)settingBtnPressed:(UIButton *)sender;

今回は、「TouchDown」と関連付けしています。
スクリーンショット 2013-06-08 12.46.08

「Touch Down」はボタンをタッチした時に呼ばれます。
「Touch up Inside」はボタン領域[内]で画面から指を時に呼ばれます。
「Touch up Outside」はボタン領域[外]で画面から指を離した時に呼ばれます。

iPhoneアプリ開発 -UIButtonのTouch Down、Touch up Inside、Touch up Outsideの使い方- | PPl@ce

 画面遷移

「設定画面」と「記帳画面」に遷移するようにします。

関連付けが終わっていると「MainViewController.m」に以下の2つのメソッドが追加されています。

 - (IBAction)startBtnPressed:(UIButton *)sender {
 }
 - (IBAction)settingBtnPressed:(UIButton *)sender {
 }

まず、各画面のhファイルをimportしておきます。

#import "GuestBookViewController.h"
#import "SettingViewController.h"

各メソッドに各画面に遷移するように記述します。

 - (IBAction)startBtnPressed:(UIButton *)sender {
    GuestBookViewController *vc = [[GuestBookViewController alloc] initWithNibName:@"GuestBookViewController"
                                                                            bundle:nil];
    [self.navigationController pushViewController:vc animated:YES];
 }

これで、ボタン押下時に画面遷移します。

 記帳画面

必要な機能として以下が必要です。

  • 名前を書く
  • 名前を保存する

まず、名前を書く機能から作成してみます。

 名前を書くスペースの用意

名前を書くスペースとしてUIImageViewを設置します。
そこで、タッチを検出するようにし、タッチ移動で名前を書けるようにします。

self.nameSpace.userInteractionEnabled = YES;

上記でUIImageViewでタッチを検出することが出来るようになります。

そして以下の3つのメソッドでタッチ・タッチ移動・タッチ終了を検出できます。

 - (void)touchesBegan:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event {
 }
 - (void)touchesMoved:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event {
 }
 - (void)touchesEnded:(NSSet *)touches withEvent:(UIEvent *)event {
 }

広告

関連記事

Selenium2.0でUIテスト(1) -まずはPHPでやってみる-

久しぶりにSeleniumを触ってみました。 Selenium2.0から色々と変わったみたいで少々

記事を読む

no image

ターミナルでgitのコマンドを補完したりブランチ名を表示する – macでgitを便利に使うために –

* やりたいこと macのターミナルでgitをいじっていると -今のブランチってなんだっけ? -g

記事を読む

no image

CakePHP1.3でテストコード(3) -ENUM型が使えない-

cakePHP1.3でのSimpleTestを使ったテストケースの第3回目。 今回は、テーブル構成で

記事を読む

no image

TestLink1.91のバグの修正方法

どうやらTestLink1.91にはバグがあるようなので、修正方法を以下に記述。 Test

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 −タッチで線を描く(2)/枠線を描く−

* 前回までのお話 * やりたいこと 今回やりたいことは以下の2点。 -(1) 画面をタッチして

記事を読む

no image

Selenium2.0でUIテスト(2) -Rubyでやってみよう-

前回は、Selenium + PHPを試しました。 今後はRubyでやってみようということでSele

記事を読む

setup

Google Appsで独自ドメインメールの利用

独自ドメインでメアドを持ちたかったのでGoogle Appsを利用してみました。 その各種設定の覚

記事を読む

no image

iPhoneアプリ開発 -利用するべきサービス-

iPhone(iOS)アプリ開発において使っているサービスを列挙。 この手のサービスがないと、開発中

記事を読む

iPhone/iPadアプリを開発するためにやったこと

今までに、iPhoneを3本ほどリリース((リリースしたアプリは全て100万DL超えしました!))し

記事を読む

no image

アプリのためにFacebookページ作成 -現時点で注意すべき点-

* 前回 会社のメルアドでFacebookページを作成する方法を載せました。 * Faceboo

記事を読む

広告

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

広告

no image
[感想] Effective Objective-C 2.0 ☆☆☆☆★(4.5)

* 構成 - 第1章 Objective-Cに慣れる -

no image
[感想] iOSアプリテスト自動化入門 ☆☆☆(3.0)

* 構成 - Chapter 1 テスト自動化への取り組み

DeployGateを試してみた(iOS編) -DeployGateがiOSに対応-

今までのDeployGate - -[http://pplace.

iPhone/iPadアプリを開発するためにやったこと

今までに、iPhoneを3本ほどリリース((リリースしたアプリは全て1

no image
ターミナルでgitのコマンドを補完したりブランチ名を表示する – macでgitを便利に使うために –

* やりたいこと macのターミナルでgitをいじっていると -今の

→もっと見る

PAGE TOP ↑